ビジネスシューズおすすめブランドランキング!超人気なのは?

ビジネスシューズ、どのブランドがいいかなー??

 

 
なんて、迷ってませんか?(・∀・)

 
社会人的には、見た目の中でもかなり気を使うポイントといえば、
ですね!!

 
「身だしなみはまず足元から!」
とか言われる程に、やっぱり見られる事は多いですよね(*^_^*)

 
もう、足元を見られる事を意識するあまり

3年程は一切風呂に入らない状態で
「これでもか!」と、足に金粉を塗りたくり、パンツ一丁で出勤・取引先へ向かう!

ってのも超絶おすすめではあります。

 
そうすれば、足元だけでなくあなた自身への注目度も上がるんで
間違いなく、出世街道まっしぐらですね!!

 
ただまあ
もしかすると、次の日から机の上に花が置いてある可能性もあります。

 
そんなわけで、

これまでに、そんなにビジネスシューズにこだわりがなかった人とかだと

「一体、どのブランドの、どんなビジネスシューズがいいんじゃ!?」

とか、とんでもない勢いで悩みますよね!(・∀・)

 
まあ、僕も社会人生活はそこそこになるんですが

元々、靴も含めたファッション関連の事はかなり好きなんで
ビジネスシューズに関しても、アホな程にこだわってるんですね(*^_^*)

 
もう、街中で良いビジネスシューズを履いている人がいたら

歩いてる足に突然ガバっとすがりつき、
そのまま8km程は引きづられながらも、必死の形相でブランドを聞き出す!

って程に、ビジネスシューズに関しては研究してるわけです!!

 
まあ、とはいえこの記事を読んでるあなたは

 
 
ビジネスシューズって、どのブランドがいいの? とか

 
ビジネスシューズを選ぶ際の、ポイントはあるの? とか

 
松屋のうまとまハンバーグ定食は、なんで年中販売にしないの? とか

 
 
当然、疑問に思いまくってる事でしょう!!

 
そんなわけで今回!

 
朝にパンと間違えて、ビジネスシューズをくわえて家を飛び出す程に
ビジネスシューズにとりつかれている僕が!

 
ビジネスシューズのおすすめブランドランキングとして、

これは超おすすめ!ってものや、めっちゃ人気なもの
ドカドカっと、紹介していきます!(・∀・)

スポンサードリンク

 
 
んで、その前に!

 
ビジネスシューズの選び方として、
抑えておきたいポイントがあるんですね!

 
ここを知らないと、

「ビジネスシューズを選んだつもりが、
うっかり西友のフランスパンを買っちまった!」

なんて事にもなりかねず、めっちゃ危険なわけです!!

 
逆に、ここを知っていれば、
自分にピッタリな、ビジネスシューズを選ぶ事ができます!(・∀・)

 
なんで、駅前の西友に今すぐ突入したい気持ちは抑えつつ
まずはここから、知っていきましょう!(*゚▽゚*)

 
まあ要は、今回の記事の概要としては、
「うまとまハンバーグを年中販売にしてくれ!」って嘆願だって事です!!

 

ビジネスシューズの選ぶ方やポイント

 
では、
「ビジネスシューズのおすすめブランドランキング」にいく前に!

 
ビジネスシューズを買う際の、抑えておきたい選び方やポイント
ですね!

 
基本的にシンプルな事ばかりなんで、
まずはここから、知っていきましょう!(・∀・)

スポンサードリンク

 
 

サイズはどのくらいがいい?

 
ビジネススシューズを買いに行って試着してみて
サイズ感で迷った事とか、ないですか??

 
「少しきつめと、少し大きめだったらどっちがいいのか??」

 
とか、僕も以前は結構迷ってましたね(^^ゞ

 
んで、これは結論から言うと
迷ったら、少しきつめのものがおすすめ!

 
って言うのも
革は履いているうちに変化し、横幅が大きくなるんですね(*゚▽゚*)

 
なんで、あらかじめ大きめのビジネスシューズを買っちゃうと
履いてるうちに、さらにサイズがデカくて合わない!

 
って事になってきます。。

 
ちなみに
大きさが変化するのは、基本的に横幅だけなんですね。

 
革靴の場合、縦方向に長いのでサイズは問題ないと思いますが

縦方向には伸縮したりする事がないんで、
あくまで横幅の話です(・∀・)

 
ただし、あきらかにきつくて
仕事中にずっと履いていられない様なのは、当然NGですw

 
ただまあ、人それぞれな事だし

極端に大きめでガバガバだと、やはり見た目の印象は崩れますが

「少しでも蒸れを軽減したい!」とかって場合であれば
少し大きめのセレクトでも、まあアリだと思います(*^_^*)

スポンサードリンク

 
 

 

ビジネスシューズの種類は?

 
これ、「ビジネスシューズ」って一口に言っても
色んな種類があるんですね(・∀・)

 
ここは、ブランドとかっていうよりも以前に
ビジネスシューズを選ぶ上で、超絶基本になってくるポイントなんで

まずはここから、抑えていきましょう!(*゚▽゚*)

 

内羽根式

出典:http://www.regaltokyo.jp/

まず、この「内羽根」って何か?って言うと

靴のデザインのタイプの事で

靴紐を通す穴 (鳩目) がついた、「羽根」と言われる部分が
足の甲の部分と一体化しているデザインの事
です!

 
まあ、画像を見るとわかりやすいですかね(*^_^*)

このタイプは、かなりフォーマルな印象を与え
使い勝手がいいのと
ぶっちゃけ、デザイン的にもかなりかっこいいですよね!

 

外羽根式

出典:http://www.fight.co.jp/

内羽根とは逆に、「外羽根」って何なのか?

 
これは、

上記で説明した「羽根」の部分が
足の甲の部分の、上に乗っているタイプのデザインの事
ですね!

 
これは、フォーマル度でいうと内羽根程ではなく
どちらかと言えば、少しカジュアルで活動的なイメージ。

 
履いたり脱いだりがしやすい!ってのはポイントですね(*^_^*)

スポンサードリンク

 
 

ストレートチップ

出典:http://www.shoes-street.jp/

このストレートチップは、ブランドに関わらず
ビジネスシューズの中でも、最もフォーマルなやつですね!

 
つま先付近の部分に、
横一文字にラインが入ってるものです(*^_^*)

 
内羽根式のものなら、特にフォーマルで
どんなシーンでも対応できる
んで
ハッキリ言ってかなり重宝しおすすめです(・∀・)

 
デザイン的にも洗練されていて、
個人的には一番かっこいいと思います!

 
ちなみに、このストレートチップに限らずですが
前述した「内羽根」「外羽根」両方のタイプがあります!

 
つまり、
「ストレートチップでも、内羽根 or 外羽根の2タイプがある」
的な感じですね(*^_^*)

 
これから紹介する「プレーントゥ」なども、紐タイプのものは全て
これと同じ考え方です。

 

プレーントゥ

出典:http://ameblo.jp/avance-aoyama/

プレーントゥは、その名の通り、
デザインがプレーンで、シンプルなビジネスシューズ(*^_^*)

 
ストレートチップの横一文字がないもの、って感じで
ツルッとした飾り気のないフォルムが特徴!

 
で、基本的に外羽根式のものが多く
ビジネスユースでよく使われる印象
ですが

これが内羽根式だと、かなりフォーマルになり
ストレートチップ同様、冠婚葬祭にも選択できます(・∀・)

 

ウイングチップ

出典:http://blog.labarba.jp/

ウイングチップは、
つま先の部分が翼を広げた様な柄になっている靴ですね!

 
「W」の様な柄になっているのが特徴的(*^_^*)

 
これは、クラシックな雰囲気がありつつ
デザイン的にも、おしゃれなのがたくさん出てますね(・∀・)

 
んで、特にウイングチップは

「メダリオン」「パーフォレーション」って言われる
穴をあけた装飾が施されたものが多いです(*゚▽゚*)

 

用語解説

 メダリオン

つま先部分の、穴をあけて描いている模様の事。

ウイングチップでは、
結構よく見かけますよね!

 
 パーフォレーション

靴のサイドの部分などに、

流れる線の様な形に、小さい穴と大きい穴で
模様を描いているもの。

これも、ウイングチップではよく見る装飾ですよね!

ちなみに、
このメダリオンやパフォレーションを施してある靴を総称して

「ブローグ」って言います(*^_^*)

 
んで、基本的にウイングチップは

カジュアルでファッショナブルな印象であり、ブランドに関わらず
あまりフォーマルな場には向かないですね。

 
なんで、パーティーや日常のジャケットスタイル
なんかに最適で、おすすめ(*゚▽゚*)

 
ビジネスユースでも、カジュアルな印象になりますがまあOK!

 

Uチップ

出典:http://tradingpost.jp/

このUチップは、ややカジュアル感はありますが
ビジネスシューズとしても、結構定番の靴ですね!

 
冠婚葬祭など、よほどフォーマルな場でなければ
使い勝手もよく、デザインもシンプルなので重宝します(・∀・)

 
スーツに合わせるカッチリめの印象から、
少しくだけたジャケットスタイルでの印象まで、幅広く活躍します!

 

モンクストラップ

出典:http://2ndmax.com/

「モンク」って修道僧の事なんですが
これは、修道僧が履いているデザインを模した靴ですね。

 
ビジネスシューズとしても、結構良く見かけ
定番なデザインです(*゚▽゚*)

 
ただ、これは側面部の金属のバックルなど
ビジネスシューズの中では、相当カジュアルな部類なんで
冠婚葬祭など、フォーマルなシーンでの使用はNGです。

 
修行僧って言うと
なんかめっちゃフォーマルな気もしますが、実は逆なんですね(´-`)

 
ただビジネスでは、普通にOKです!

 

仕事やシーンに合ったビジネスシューズを

 
んで、ビジネスシューズは
それぞれの仕事やシーンによって、選ぶ基準があるんですね(*^_^*)

 
ここを意識してると、大分履き心地なんかも楽になるんで
松屋の中でのカレギュウの位置づけくらい、重要になってきます!

 

外回りが多い場合

 
外周りが多い人は、当然かなり歩くんで
その場合だと
「ゴム底のビジネスシューズ」が、実用的にはかなりおすすめ!

 
雨の日でも気にせず履けるし、とにかく滑りにくくて
クッション性もいいんで疲れにくいですね(*゚▽゚*)

 
立ち仕事の人なんかにも最適で
ホント、疲れ方はかなり違います(・∀・)

 
ですが、デメリットで言うと
熱がこもりやすく蒸れやすいってのが難点w

 
なんで、夏の時期とかにはちょいキツいかもですね!

 
あと、まあブランドにもよりますが
革底の靴に比べてかっこよさは劣りますね。。

 
安い値段のものだと、特に靴底が厚かったりして

見た目も野暮ったくなりがちなんで
ここは、見た目のデザインに気を使いたいところ!

 

脱いだり履いたりが多い場合

 
靴を脱ぐことが多い場合は、
まあ当たり前ですが、紐なしタイプのものがおすすめ!

 
と言っても、紐なしで
ビジネスシューズとしてOKな靴で言うと

基本的には、「モンクストラップ」
っていう種類くらいですね(´-`)

 
まあ、内容は上述してる靴ですね(・∀・)

 
ただ、モンクストラップにしても
ビジネスシューズの中では、ややフォーマル感では弱め。

 

冠婚葬祭用

 
冠婚葬祭は、最もフォーマルな場になるんで
基本的に、黒のストレートチップかプレーントゥで、内羽根式のものですね!

 
まあぶっちゃけ、
これらが一番フォーマルと「されている」ってだけで

何故他の種類はダメなのか?ってハッキリした理由があるわけじゃないんで
正直こんな風習はうっとおしい限りではありますw

 
まあ、面倒なんで
とりあえず、一番かっこいい黒のストレートチップを履いとくのがおすすめ!w

 

内勤の場合

 
もう、これは基本的に
かなりビジネスシューズの選択の幅は広がります!

 
ただまあ、ぶっちゃけ

どんな場面でもテッパンのストレートチップは
ブランドにもよりますが、デザインもかっこよく便利なんで、
やはり個人的には、一番おおすすめですね(・∀・)

 
まあ、それ以外の場合でも

内勤の場合は選択の自由度が高く、色んな種類を選べますが
基本的に、前述して紹介した種類など

「ビジネスシューズとして相応しい靴」

を選ぶのがマスト(・∀・)

 

ビジネスシューズの丈夫さ・履きやすさを左右する「製法」

 
あまり知らない人もいるかもですが
さらに突っ込んだ話をすると、

ビジネスシューズには、製法ってのがあります!

 
これによって、靴の耐久性や履き心地なんかも変わってくるんで
ビジネスシューズにこだわりたい人は、
要チェック項目ですね(・∀・)

 
本格的に挙げていくと、かなり多くなってウザいし混乱すると思うんで
実際に目にする事が多い、超代表的な物をあげていきますね(*^_^*)

 

グッドイヤーウェルト製法

 
このグッドイヤーウェルト製法は
履き心地、丈夫さって点で基本的に一番品質が高い製法!

 
複雑な製法なんで、作り方など専門的な話は省略しますが
靴の中底の下にコルクを敷いてあるんで
より、履いてるうちに足にフィットし、ナイスな履き心地(*^_^*)

 
ちなみに、このグッドイヤーウェルト製法だと

丈夫な上に、ソール(靴底)の交換もできるんで、
より長く、気に入ったビジネスシューズを履けます!

 
が!

 
ブランドによりつつも、当然値段はかなり高くなりがち。。

 
あと、この製法だと
『「コバ」って呼ばれる靴底の張り出し部分』が広くなりやすいなど

見た目的に、少しスタイリッシュさやシャープさでは、劣る事もあります。

 
重厚で、イギリス靴に代表されるスタイルですね。

 

マッケイ製法

 
このマッケイ製法は、

アッパー(足の甲を包む革)と、中底と、革底を縫い合わせるだけの
より一般的でシンプルな構造ですね(・∀・)

 
多くのブランドで採用されてます。

 
余計な材料を使っていないので、軽い履き心地が特徴ですね!

 
ただ、履き心地・歩きやすさ・丈夫さなんかは
グッドイヤーウェルト製法の方が上です。

 
でも、マッケイ製法の方が「コバ」って呼ばれる靴底の張り出し部分が狭く
よりシック見える物が多い、ってのはあります(*^_^*)

 
シャープでおしゃれな印象で、
イタリア的なデザインって感じのスタイルです。

 

セメンテッド製法

 
このセメンテッド製法は、
安価なビジネスシューズなどで使われる製法。

 
一番安価ですが、一番品質は良くないですw

 
文字通り、アッパーとソールを接着剤のみでくっつけ
加圧圧縮させる製法。

 
とはいえ、
縫い目がないため、耐浸水性や屈曲性に優れています。

 
ただ、足には馴染みにくく疲れやすく、
湿気もこもりがち。。

 
個人的には、当然あえておすすめはしません(´-`)

 
まあ、今回の「ビジネシューズのおすすめランキング」
で紹介するブランドの中では
あまり扱ってるブランドはないと思います。

 

ビジネスシューズのおすすめブランドランキング

 
では本題の、
ビジネスシューズのおすすめブランドランキングにいきましょう!

 
色んなブランドがある中で、これはホントおすすめ!
ってものや、超人気のものなんかを、
ドンドコ紹介していきますよ(*゚▽゚*)

 

リーガル

出典:http://www.shoes-street.jp/

デザイン :
実用性  :
コスパ  :

値段:2万円程~

 

デザイン

 
このリーガルは、ビジネスシューズとしては
国産のメーカーでは知名度は一番ですかね(・∀・)

 
もう、お馴染みのブランドだと思いますが

ストレートチップにしろ何にしろ
「ザ・定番!」って感じのスタンダードなデザインですね(*゚▽゚*)

 
ビジネスシューズとしては
シンプルで洗練されていて、はずさない間違いないかっこよさ!

 
ただ、逆に

特徴や、程よい装飾的な面なんかを求める場合は
あまり向かないブランドかもw

 
アウトレットで買うものとかだと

あらかじめ、アウトレット用に開発された靴だったりして
品質があまり良くないものもあるんで、これは要チェックですね!

 

実用性

 
リーガルの特徴としては、
リーズナブルで丈夫で、デザインもまあ綺麗で、実用性が高い!

って事があげられますね!

 
ビジネスシューズの中でも、堅牢性って点では高く丈夫

僕が持ってるリーガルのビジネスシューズも、
かなり寿命が長いです(*゚▽゚*)

 
まあ、とはいえ当然、
クリーナーを塗って布で磨いたり、撥水スプレーをかけたりなど
簡単にでも、日々の手入れは絶対やった方がいいです!

 
最初、革や靴底の硬さは少し気になりますが
まあ、履いてるうちに馴染んでいきます(*^_^*)

 
製法って点では
上述した、グッドイヤーウェルト製法に力を入れてますね!

 
リーガルは、
グッドイヤーウェルト製法のビジネスシューズでも
2万円程からあるんで、ほんとリーズナブルでおすすめ(・∀・)

 
リーガルでは他にも、
マッケイ製法なんかのタイプも、ありますね。

 

トリッカーズ

出典:http://cobblers.exblog.jp/

デザイン :
実用性  :
コスパ  :

値段:6万円程~

 

デザイン

 
このトリッカーズは、
ウィングチップでカントリー調のブーツなんかが有名な
イギリスの老舗ブランド!

 
この、トリッカーズは、実はドレスラインもあり
日本では意外とマイナーですが、
これが個性的でかっこよくおすすめです(・∀・)

 
シックでありつつ、ブローグで独特の風合いが出ていて

ややボリューム感のある、シンプルなスーツとかと合わせても
ドレッシーに際立ちますね!

 
まあ、ドレスラインとはいえ

「トリッカーズらしさ」みたいなものは、
しっかり感じられる反面、

カントリーの特徴である、コバの張り出しもなくシックですね!

 
ただ、トリッカーズ全般的に言える事ですが
超細かく見れば、メダリオンの穴やステッチがずれてたりなど

超絶精巧な作りじゃない事は、ありますw

 
まあ、ビジネスシューズとしては

特徴的だったり個性的って点では
このビジネスシューズのブランドランキングの中でも、一番おすすめですかね!

 

実用性

 
カントリーブーツ程じゃないものの
やはり、最初はアッパーやソールなど、
靴の硬さとか気になりますね(´-`)

 
ただまあ、当然履いてるうちに馴染みますw

 
耐久性なんかは折り紙つきで、抜群の安定感って感じ!

 

ユニオンインペリアル

出典:http://blog.livedoor.jp/atanatanatan/

デザイン :
実用性  :
コスパ  :

値段:3万円程~

 

デザイン

 
ユニオンインペリアルは、日本のブランドですが
イタリアの歴史ある靴の製法をいち早く取り入れたブランド!(*゚▽゚*)

 
ビジネスシューズのデザインとしては

「ラスト」っていう、足に見たてた木型の形にかなりこだわっていて
このこだわりから生み出される、靴の流線型が超絶美しいです!

 
足の甲の部分が高めの設計で、上品なボリューム感がありますね。

 
なんというか、
スタイリッシュでありながらグラマラスな印象!
って感じですかね(・∀・)

 
社内や街中でも、
このかっこ良さはかなり目立ちますよ(*゚▽゚*)

 
超ノーマルなデザイン(形)とは、
特に見る人が見れば一味違う印象!って感じがおすすめポイント。

 
このユニオンインペリアルは
こういう靴のデザインへのこだわりも、人気の秘訣ですね!

 

実用性

 
この、ユニオンインペリアルの特徴のひとつは、
なんと言っても抜群の履き心地ですね!

 
靴製品に関して熟練の職人が手作業で作ってる!
っていうのも、かなり貴重(*^_^*)

 
これ、「ハンドソーン・ウェルテッド製法」って言うんですが
上述した、グッドイヤーウェルテッド製法の元になったものなんですね!

 
まあ、「製法の単語だらけで頭痛いわ!」って人は、
その辺はサラッとスルーでもOKですw

 
なんで、大量生産された靴と比べると
履き心地の良さは、歴然と差がでてきます。

 
さらに、ラストに関しては
「とことん、日本人の足の形を研究して作ったものを使用する!」
っていうこだわりぶり(・∀・)

 
なんで、靴はより足にフィットしやすく
めっちゃ快適な履き心地!

 

スコッチグレイン

出典:http://www.scotchgrain-shop.com/

デザイン :
実用性  :
コスパ  :

値段:3万円程~

 

デザイン

 
スコッチグレインは、こんなブランド名にも関わらず
思いっきり日本のブランドですw

 
コスパって点では、めっちゃ優秀ですね!

 
ただまあ、
最安価格付近のラインナップもあるんですが

個人的なおすすめでいうと、少し値段が上がりますが
「インペリアルブラック」っていうシリーズ!

 
なんか、もう名前からしてかっこいいですよねw

 
全体的に、スコッチグレインの靴は
ビジネスシューズとしては、
ボリュームがある感じのデザインも多いんですね。

 
ですが、この「インペリアルブラック」は
超シンプルなストレートチップですが、
細身でかなり綺麗なシルエット(*゚▽゚*)

 
スマートで洗練された雰囲気が漂い、光沢にも上品な雰囲気があり
とにかく美しいビジネスシューズです!

 
僕も、これは一目惚れして買いましたが
靴から高貴な品格が漂いますw

 

実用性

 
このスコッチグレインは、ブランドとして
全て、上述したグッドイヤーウェルト製法で作っているブランドです(・∀・)

 
なんで、かなり実用面ではレベルが高く
当然、丈夫で履き心地もぶっちぎり!

 
最初馴染むまでは違和感ありますが
馴染んだら抜群です(*゚▽゚*)

 
ソールの交換もできるんで

コスパも合わせて考えたら、
デザイン面でも実用面でも、申し分なくおすすめのビジネスシューズ!

 

クロケット&ジョーンズ

デザイン :
実用性  :
コスパ  :

値段:8万円程~

 

デザイン

 
ビジネスシューズのブランドランキングで1位は、
「クロケット&ジョーンズ」です!

 
言わずと知れた、イギリスの超有名靴ブランド(*゚▽゚*)

 
これはもう、このランキングで2位の

「スコッチグレイン (特にインペリアルブラック)」と、
ぶっちゃけかなり迷いましたw

 
でもやはり、全体的な色気や醸し出す雰囲気など考えると
「クロケット&ジョーンズ」が1位ですね(・∀・)

 
このランキングで紹介している他のブランドも、
当然、デザインや品質など総合的にかなりアツいおすすめブランドです。

 
ですが、中でもこのクロケット&ジョーンズは、

スーツと合わせた時に、
ぶっちぎりにスマート・スタイリッシュな雰囲気を醸し出します!

 
んで、
この「クロケット&ジョーンズ」の中でも個人的なおすすめは

定番の「オードリー」っていうストレートチップ!

 
ノーズ部分は、気持ち長めの美しいバランス感で
つま先部分も、尖りすぎず四角すぎず、絶妙なセミスクエアって感じで

洗練された美しさを醸し出しまくってます(*゚▽゚*)

 
「洗練された大人の男」的なオーラがビシバシでまくりw

 
全体的に、革素材もやはり高級素材を使っていますが

超人気の有名海外ブランドのビジネスシューズの中では、
とんでもなく値段が高くないってのも魅力w

 
で、注意点としては
黒よりも茶色のシリーズの方が、皮が柔らかくシワが入りやすい
ってのはありますね。

 

実用性

 
このオードリーは、グッドイヤーウェルト製法

皮が柔らかく、履き心地はソフトに包まれる感じで
どこも圧迫されず、最適な密着感で、かなり快適!

 
やはり、このクラスのブランドの
素材感の違いってのは感じますね(・∀・)

 
ただ、その分耐久性って点ではそこまで強靭じゃない感じ。

 
デザインも含め、全体的に繊細で美しい印象の靴ですね。

 
なんで、長持ちさせたいなら

「このビジネスシューズを、ガシガシ毎日履きまくるぜ!」
ってのは、おすすめしないです(´-`)

 
どのビジネスシューズでも、というか靴全般的に言える事ですが
1日履いたら、2日は休ませるのがおすすめ!

 
他の安めの価格の靴や、雨の日用の靴など
最低でも3足は用意して履き回すと、持ちも全然違ってきます(・∀・)

 
んで、

「このクロケット&ジョーンズのビジネスシューズ、興味あるわ!」
って人の為に、下記に紹介しますが

さすがに、良いブランドのビジネスシューズで
決して安くない買い物なんで、ポイントがつく楽天とかが嬉しいですよねw

 
って事で
楽天でリーズナブルな値段で売ってるお店があったんで、
紹介しておきますね!↓↓(*゚▽゚*)

 
ただ、サイズなどをどこかの店舗で履いて確認してから、
買う事をおすすめします(*^_^*)

 

 
 
 
と、いう感じで
ビジネスシューズの選び方や、ブランドランキングとして
おすすめなものや、超人気なものを紹介してきました!

 
このブランドにしよう!ってのは決まりましたか?

 
この記事でおすすめしてるビジネスシューズは

いずれにせよ、ガチで間違いないブランドばかりです(*゚▽゚*)

 
もう、このランキングで紹介した靴を履いて街中を歩いていると

見知らぬ靴好きが近寄ってきて、
足に突然すがりつき、必死の形相でブランドを聞いてくる事間違いなし!

 
そんな憧れの状況になる為にも、
自分に合うブランドを、じっくり選んでみてください(*^_^*)

まあ、とりあえず
これから西友に、半分食っちまったフランスパンを返してきます!!


スポンサードリンク








コメントを残す