万年筆のブランドランキング!超おすすめで人気なのは?

万年筆のブランド、どんなんがいいのかなー??

 

 
って、迷ってませんか?(*゚▽゚*)

 
自分用に迷ってる人はもちろん、

「人にプレゼントとしてあげる!」
とかの場合でも特に、

「万年筆のブランドって、一体どんなモンがいいのか!?」

とか、夜中に食ってるチキンラーメンも逆噴射する程に
めっちゃくちゃに迷いますよね!!

 
もう、僕も万年筆に関しては
これまで興味はあって色々見てはいたものの

実際にゲットするまでには、めっちゃ調べましたw

 
んで最近、その欲しい欲がめでたく限界を迎えたんで
ブランドも含め、万年筆の事をアホな程に調べまくった結果

ついにゲットしました!(・∀・)

 
まあたまたま周りに、万年筆を愛用してる人もいたんで
色々聞いたり、情報を調べまくったりしたんですね。

 
なんで、

「万年筆のブランドとかも含め、色々知りたい!」

っていう、あなたのお悩みには

あなたが間違えて飲み込んだ、温水洋一すらも逆噴射する程の勢いで、
役に立てると思います!(・∀・)

 
まあとはいえ、この記事を読んでるあなたは

 
 
万年筆のブランドって、どんなんがあるの? とか

 
万年筆を選ぶ際の、ポイントとかはあるの? とか

 
街で温水洋一と思って握手を求めたら、全く別人だった場合どうしたらいいの? とか

 
とんでもない勢いで、疑問に思ってる事でしょう!!

 
 
そんなわけで今回!

 
万年筆のブランドランキングとして
個人的にも、めっちゃおすすめなもの

ハンパじゃなく人気が高いものなんかを、
バンバン紹介していきます(*゚▽゚*)

 
んで、その前に!

スポンサードリンク

 
 
万年筆を選ぶ際には、

「抑えておきたいポイント」

ってのがあるんですね!(・∀・)

 
ここを知らないと、特にプレゼントの場合とかは

「ちょっと自分には合わないかも。。」

とか、思われる事態にもなりかねません(^^ゞ

 
なんで、ブランドも含めて

より、ベストな万年筆をゲットする為にも
まずはここから、しっかり抑えていきましょう!(*゚▽゚*)

 

万年筆を選ぶ際のポイント

 
では、万年筆のブランドランキングにいく前に!

万年筆を選ぶ際に、
気をつけたいポイントですね(*゚▽゚*)

 
僕も、最初は
「万年筆に関して、こんな事知らなかった!」

って事なんかも結構あるんですね(^^ゞ

 
なんで、ブランド選びもそうですが
より、基本的なこのポイントから抑えていきましょう!

スポンサードリンク

 
 

海外ブランドの万年筆は大きい?

 
万年筆って言うと
主に海外ブランドのものが有名ですよね(*゚▽゚*)

 
ただ、これは

やはり、海外ブランドのものって事で
基本的にサイズもでかめな事は多い
ですw

 
なんで、使ってるうちにある程度は慣れてきますが
最初は、少し違和感を感じる事もあるかもですね。

 
なんで、特別ブランドとかにこだわりがなく
「絶対に実用性重視!」って人には、

国産ブランドの万年筆が合う、

ってのはありますね!(*^_^*)

 
国産ブランドのものだと

より細字で、漢字とか書きやすかったりとか
そういった利点がありますね!(*゚▽゚*)

 
ただまあ、
「海外の有名ブランドの万年筆が欲しいぜ!」

って人も多いと思うし、
この辺は、完全に好みの問題になってきますね(*^_^*)

スポンサードリンク

 
 

 

万年筆には、コンバーター式とカートリッジ式の2種類がある

 
んで、この万年筆は
使う前に、インクを入れる必要があるんですね!

 
んで、このインクを入れるタイプとして
下記の2種類があります(・∀・)

 
それぞれの特徴をあげると↓↓

 

コンバーター式

 
これは、インク瓶から

直接インクを吸い上げる器具を使って
吸引するタイプ
の事ですね!(・∀・)

 
まあ、イメージがつきやすかもですが
ペンの先端を、インク瓶につけて吸引しますが

この時、注意点があります(*^_^*)

 
それは、

「インク瓶の底に
ペン先をつけてしまうと、ペン先が傷んでしまう可能性がある!」

って事ですね。

 
結構、最初のうちはこれをやっちゃう事もあるんで
ここは、気をつけていきたいところ!

 
メリットとしては
様々なメーカーの色のインクに、対応できる!って事ですね(*゚▽゚*)

これは、万年筆で書く楽しみを感じてくると
かなりでかいメリットです!

 

 コンバーター式の特徴まとめ

 様々なメーカー・色のインクにち対応できる

 カートリッジ式に比べて、少し手間がかかる

 コスパとしては、カートリッジ式に劣る

 持ち運ぶ場合、インクが漏れる危険がある

 

カートリッジ式

 
んで、カートリッジ式ってのは
文字通り、既にインクが入ったカートリッジ

万年筆に挿入する!

 
ってだけの、割と楽チンな方法ですね(・∀・)

 
インクのカートリッジを持ち歩けば
外出先でもインク交換できる!ってメリットもあります。

 
ただ、コンバーター式と違って
「使えるインクが限られる!」ってデメリットがありますね(´-`)

 
「基本的に、黒のインクだけでOK!」って人には
まず問題ないところですが。

 
あと、万年筆を買ったばかりの時だと
中々、インクが出てこない場合なんかもあるんで

その時は、
カートリッジの真ん中あたりを、軽くつまんで押せばOK!

 

 カートリッジ式の特徴まとめ

 インクの種類が限られる

 装着が比較的簡単で楽

 コンバーター式に比べて、コスパが良い

 持ち運ぶ場合でも、インク漏れの心配などが少ない

スポンサードリンク

 
 

 

字幅の太さの基準は?

 
万年筆って、モノによって

字幅が変わってくるんですね!(・∀・)

 
んで、基本的に

国産ブランドの万年筆は細め
海外のものは太めの事が多いです。

 
んで、個人的に思うのは
万年筆を最初に買う場合は

細めの字幅のものがいいですね(*゚▽゚*)

 
太めのものだと、手帳に書き込む時とかに
書きづらくて、発狂しそうになる可能性もありますw

 
んで、その字幅にも基準になる記号があるんで、
下記に紹介しておきます!↓↓

 

 万年筆の字幅の基準

 EF … 極細

 F …  細

 M …  中

 B …  太

 BB … 極太

 
代表的なのは、上記の様な感じなんですが
個人的には、海外ブランドなら特に

「F」か「EF」あたりがいいと思いますね(・∀・)

 
国産ブランドでも、「M」くらいまでって感じですかね。

 
それ以上の太さだと、
人によって、違和感を感じる可能性があると思います(^^ゞ

 
特に、海外ブランドの万年筆とかだと

国産ブランドのものよりも、
1段階太め
のものも多いです。

 
なんで、まあこれは好みですが
個人的には、細めの方がおすすめ!

 

各ブランドによって、デザインにも特色がある

 
やはり、ブランドによってデザインの特色ってのは
結構ある
んですね(・∀・)

 
一概に全てってわけじゃないですが、例えば

ドイツのブランドは質実剛健というか
重厚な雰囲気の万年筆が多かったり、

イタリアのブランドとかだと、
華やかで且つシックな雰囲気、とかですね!(*^_^*)

 
この辺は、特にプレゼントの場合なんかは
注意したいポイントですね(・∀・)

 
「重厚でいかにもクラシックな万年筆!」

って感じのものが好きなのか

「よりシャープなデザイン!」

って感じが好きなのか、よくリサーチしておきたいところ!(*゚▽゚*)

 

万年筆のブランドランキング

 
では、本題の
「万年筆のブランドランキング」にいきましょう!

 
個人的にも、めっちゃおすすめな万年筆
人気が高い万年筆を、

ランキング形式でガンガン紹介していきます!

 
上記の、選ぶ際の注意点を踏まえつつ
ドンドコ参考にしてみて下さい!(*゚▽゚*)

 

クロス

 
まずは万年筆のブランドランキングで、6位は!

「クロス」ですね!(・∀・)

 
このクロスは、アメリカの筆記ブランド
特に、ボールペンが人気なんですが

そのシャープなデザインから
万年筆でも、かなりおすすめなブランドです(*^_^*)

 
んで、全体的に、他のブランドと比べて
比較的安価なのも、ナイスなポイント!

 
んで、このクロスのブランドの中でも
「特に、どのシリーズがおすすめか!?」

って事で言うと↓↓

 

センチュリー2

出典:http://www.pen-house.net/

値段:3万円程

 

デザイン

 
この、クロスのセンチュリー2は
良い意味で、万年筆っぽくないというか

印象的なシルバーで、
シック且つスマートさが際立つ、デザインですね!(*^_^*)

 
んで、ペン先に関しても
安価な万年筆だと、ステンレスだったりするんですね。

 
それだと、品質が劣ったりって事もあるんですが、
このシリーズのペン先は、

万年筆を選ぶひとつの基準になる、18金のペン先なんで
その点でも、間違いない奴ですね!(*゚▽゚*)

 

実用性

 
実用性としても
国産メーカーの万年筆に近い
ってのも、ナイス!

 
線幅に関しても
「EF」、「F」なんかは滑らかな書き心地

使ってて快適(*^_^*)

 
「万年筆が初めて!」って人でも
すんなり書きやすい
んで、その点もおすすめポイント!

 
この価格帯で
このデザインのおしゃれさや、実用性を備えている万年筆は
中々ないんで、要チェックブランドです(*^_^*)

 

ウォーターマン

 
んで、このウォーターマン
アメリカの有名な万年筆のブランドですね!

 
特徴としては
ペン先が硬く、重量もやや重めです。

 
なんで、これは好みが別れるところかもですね(^^ゞ

 
ただ文字の太さは、

外国ブランドの万年筆の中では細めなんで、
万年筆を初めて使う人にも、おすすめですね(*^_^*)

 
シリーズによりますが
デザイン性も、かなり優れたやつが多いです(*゚▽゚*)

 
で、このウォーターマンの中での
おすすめのシリーズをあげると↓↓

 

カレンデラックス

出典:http://item.rakuten.co.jp/rcmdin/

値段:2~3万円程

 

デザイン

 
鋭くシャープな印象ながら、
優雅な曲線美が映える
このデザインは、

個人的にも、かなり好きなデザイン(*゚▽゚*)

 
クラシックで重厚な万年筆
モダンでよりシンプルな万年筆

間をとった様な感じで、これは見惚れますねw

 
「カレン」って、

フランス語で「船」って意味らしいんですが
まさにそれを彷彿とさせる、優美なデザインですよね(*^_^*)

 
かなり品があり
フォーマル感と柔らかさを、併せ持った印象のデザイン!

 

実用性

 
上述の通り、重量はやや重めなんですね。

 
万年筆に慣れていて、サラサラっと書く人と違い
これは、万年筆を初めて持つ人には

意外とちょうどよかったりします!

 
ペン先が硬いって事に関しても
同様の事が言えますね(*^_^*)

まあ、それでもぶっちゃけ好みではありますがw

 
あとは、「文字の線幅が狭め!」ってのも
国産ブランドに近い実用性を持ってます(*゚▽゚*)

 

モンブラン

 
このモンブランは、
もう「万年筆と言えば!」ってくらいの

超有名ブランドですね!(*゚▽゚*)

 
ドイツのブランドですが、
「他の万年筆ブランドは知らないけど、モンブランは知ってる!」

って人も多いですよね(*^_^*)

 
プレゼントとかであげたら
そのネームバリューだけで、

天井を突き抜けてブッ飛ぶほどに
感謝されるでしょう!w

 
ただ、まあその分
他のブランドよりも、値段がたけー!!

ってのはありますw

 
したら、このモンブランの中で
おすすめのシリーズを、紹介していきますね↓↓(*^_^*)

 

マイスターシュテック146

出典:http://www.pen-house.net/

値段:6~7万円程

 

デザイン

 
もう、まさに
誰しも思う様な、「ザ・万年筆!」って感じですねw

 
クラシカルな重厚感ある雰囲気が特徴的!

 
ただ、個人的には

「高級感はあるけど、少しど真ん中すぎかな」
って感じはありますねw

 
んで、

このマイスターシュテックは定番シリーズですが
個人的に、「146」がおすすめですね(*゚▽゚*)

 
ひとつ上のモデルで
「149」ってのがあるんですが

これは、サイズ感がかなり大きいのと
重量もその分重くなります。

 
なんで、外に持ち歩いたりしたい場合などは

特に、
この「146」がまあ程良いサイズです!(・∀・)

 
とはいえ、それでも大きめですがw

 

使い心地

 
使い心地に関しては
正直、代表的な海外ブランドのボールペンなんで

ペン先は硬く、文字の線幅も太めです(^^;

 
なんで、手帳に漢字を書き込んだりするには

国産の万年筆ブランドと比べたら、
ちょっと書きづらいかも
ですね。

 
ただ、「それでもモンブランがいい!」
って人も多いと思うんで、
そういう人だったら、まあ気合いで慣れられると思いますw

 
ただ、文字幅のサイズは極細(EF)あたりが
おすすめ
ですね!

 
それでも、国産の万年筆ブランドの
ひとつ上の文字サイズと同等か、それ以上って感じです(^^ゞ

 

パイロット

 
このパイロット
日本の文具ブランドとして、もう定番的に有名ですよね(・∀・)

 
万年筆に関しても
当然、日本人に合ったタイプになっていて

値段も、比較的安いです(*゚▽゚*)

 
なんで、一本目の万年筆としても
選びやすいブランドですね!

 
安定感って事に関しては、
このランキングの中で抜群
ですね(*^_^*)

 
んで、このパイロットの中でも
何がおすすめなのか!?

って事で言うと↓↓

 

カスタム74

出典:http://www.pen-house.net/

値段:1万円程

 

デザイン

 
このカスタム74
デザインとしては、かなりシンプルで

海外ブランドの万年筆とかと比べると
やはりやや細めでタイトな印象
ですね(・∀・)

 
まあ、デザイン的に「これ!」って特徴はないですが

万年筆として、印象的にもごつくなく
クラシカルで且つスマートな印象!

 
しかも、値段が安いんで
コスパ的にもぶっちふぎりですw

 
ちなみに、これよりサイズが大きいモデルとして

「742」「743」ってのがあるんですが
サイズ感の違いくらいで、値段も倍くらい違います(^^ゞ

 
なんで、デザイン的な大きさや
使い心地の好みにもよりますが、個人的には

このカスタム74が、
ちょうどよくてナイスな選択
だと思いますね(*゚▽゚*)

 
まあ、手が大きい人とかは742とかでも
当然良いと思います(*^_^*)

 

実用性

 
このカスタム74は、

もちろん個人差はありますが、
やはり、圧倒的に日本人の手になじみやすいです(・∀・)

 
ペン先は硬めで、

跳ね、払い、押さえなど
日本語を書く事を前提として作られてるんで

スムーズな書き心地で、これは重宝しますね!

 
海外ブランドの万年筆よりも細字で
とにかく、自然にサラサラと書ける感覚(・∀・)

 
このパイロットの万年筆は、
実用性って点で言っても、やはり抜群ですね!(*^_^*)

 

パーカー

 
パーカーは、フランスのブランドですが

万年筆の中でも
3本の指に入る程の人気ブランド
ですね!(・∀・)

 
値段も、他ブランドと比べて高くはない物も多いんで
コスパが高い事も、人気の秘訣ですね!

 
まあ、人気でおすすめの万年筆なんですが、

少し欠点もあるんで、それも説明しますねw

 
では、おすすめのシリーズを紹介します!↓↓

 

ソネットプレミアム

出典:http://item.rakuten.co.jp/buneido/

値段:2万円程

 

デザイン

 
このパーカーの中でもおすすめなのは
「ソネットプレミアム」ですね!

 
デザイン的にも、
モダンでスタイリッシュな雰囲気が漂い

洗練された印象をビシバシ感じます(・∀・)

 
カラーバリエーションは複数ありますが
特にシルバーの万年筆なんか、

男女共にハマるし、しびれる程にかっこいいですね!

 

実用性

 
使い心地としては、やや細身なんで
日本人の手にも、馴染みやすい
ってのはメリット!

 
ただ、逆に
「細身の万年筆があまり好きじゃない!」

って人には、少し物足りないかもですが(^^ゞ

 
んで、ペン先はそこまで硬くないので
力を入れずに、自然にサラサラ書ける感じですね!

 
「漢字など、日本語も書きやすい!」
ってのも、評判として高いです(*^_^*)

 
ただ、前述した唯一の欠点をあげると

「キャップに穴が空いている仕様なんで
ペン先が乾きやすい!」

ってのがあります(^^ゞ

 
これは、地味にでかいポイントで
数日使ってないと、文字がかすれたり

結構、めんどうなポイントではありますw

 

ペリカン

 
万年筆のブランドランキングで1位は!

「ペリカン」ですね!

 
このペリカンは、ドイツのブランドですが
モンブランと同じくらい、人気のブランドですね(*^_^*)

 
老舗ブランドとして
「まさに万年筆の王道!」って感じの

自分用にしても、プレゼント用にしても

ガチで間違いないブランド(・∀・)

 
んで、

「このペリカンの中でも、
どんなシリーズがおすすめなのか!?」

って事で言うと↓↓

 

スーベーレーン M600

値段:4~5万円程

 

デザイン

 
このスーベーレーン
ペリカンの中でも、代表的なシリーズ!

 
特徴的な縦縞が、オンリーワンなデザイン
このデザインに惚れ込んで買う人も、多いですね(・∀・)

 
なんか、名前はかわいらしいブランドですが
品があって、かなり美しい佇まいです(*^_^*)

 
色は、好みが分かれますが

個人的には、青縞の万年筆が
特に美しく、おすすめ
ですね!(・∀・)

 
ただ、年齢がある程度高めの人とかだと

より、落ち着いたイメージの
緑縞を好む事も、結構多いですね!

 

実用性

 
スーベーレーンの中でも
この「M600」以外でも、

代表的なもので、「M400」「M800」
なんかがあるんですね。

 
まあ、「何が違うんじゃ!?」
って事で言うと、要はサイズの違いってのが一番ですね。

 
数字が大きくなる程、サイズも大きくなりますが

個人的には、
このM600が一番バランスが良いかな、って感じです(*^_^*)

 
ただ、
「手帳など小さい物に対して書き込む事が多い!」

とかって場合は、M400のが使いやすいです。

 
ですが、普通のA4サイズとかの書面とかにも使う事が多ければ
バランス的には、M600の方が良いかなって思います(*^_^*)

 
あとは、スーベーレーンM400のペン先は硬く、
上の数字になる程、柔らかくなります。

 
なんで、M800とかだと
ペン先が柔らかめなんで、「万年筆に慣れた人向け」

って感じですね(*^_^*)

 
そういった意味でも、
M600は、ちょうど間をとったイメージです。

 

買うのにおすすめの店は?

 
んで、このペリカンの万年筆は

自分用にも、もちろんですが
プレゼントとしてあげても、

この上品な佇まいと人気から、ぶっちぎりで喜ばれます!(*゚▽゚*)

 
なんで、

「この万年筆、興味あるわ!」って人の為に

万年筆や筆記具の、専門店を紹介しときますね!

 
ちなみに、値段としては
3万円程の激安価格で売ってました(・∀・)

 
ペリカンだけでなく、色んなブランドの万年筆

新品や中古も含め、豊富に取り揃えてる人気店なんで
下記に紹介しておきますね!↓↓(*^_^*)

 

 
 

 
と、いう感じで

万年筆のブランドランキングとして

個人的にも超おすすめな物
超人気なもの

ガンガン紹介してきました!

 
これにしよう!ってのは決まりましたか?(・∀・)

 
色々種類があるんで
やはり、色々吟味して選びたいところですが

今回紹介してきたのは、間違いない人気の万年筆ばかりです!

 
なんで、これを参考に
万年筆マスターとして、町内に名を轟かせる程に

自分に合う物を、ゲットしていきましょう!(*゚▽゚*)


スポンサードリンク








2件のコメント

  • ないる

    モンブランの項目で極細(F)となっていますが、極細はExtra Fineなので正しくはEFです。

    • 管理人

      ないるさん、コメントありがとうございます。
      記載が間違っていてすみません、当該箇所を修正しました。

コメントを残す