立山黒部アルペンルート行ってみた!服装や料金や混雑状況は?

立山黒部アルペンルートって、服装とか料金とか混雑とか、どんな感じ?

なんて、疑問に思ってませんか?(*^_^*)

 
下の動画にもある、「雪の大谷」がある「室堂」
「黒部ダム」「大観峰ロープウェー」など

毎年、めっちゃくちゃに観光客を感動させまくる
人気の観光スポットといえば、
この、「立山黒部アルペンルート」ですね(・∀・)

 
 
もうー特に、都市部に住んでる人の場合なんかだと
あまりの綺麗さに、

「立山黒部アルペンルートに着いた瞬間、
腰抜かし泡吹いて8年間感動し続け、そのまま雪像になっていた!」

なんて事もよくある程に、自然の美しさが際立つ所ですよね!

 
僕の場合もそれ程に感動し、寒い中しばらく動けず
アイスのガリガリ君そっくりになった状態で、今この記事を書いてます。

 
ちなみに、普段からたくさん食べてる関係で
かじったら間違いなく僕は「Wグレープ味」だと思います。

 
まあとはいえ、

立山黒部アルペンルートって、

服装はどんなんがいいのか?

料金は高いのか?

めっちゃ混むのか?

とかは、やっぱ色々悩むところですよね(^^ゞ

 
特に、最初って

「行き方」とか
「立山黒部アルペンルートって、そもそもどんなルートなのか?」

って基本的な事とかも、ちょっとわかりずらいですよね(;´Д`A

 
なんで、ふと思い立ち

僕がアホみたく自分で色々調べまり、
ガッツリと計画して、個人旅行で行ってきましたよ!

 
ちなみに今回
広い立山黒部アルペンルートの、一部だけに行ったのではなく

端から端まで、すべて網羅してきました!

 
そんなわけで今回!

3部構成で、今回は「前編」として

立山黒部アルペンルートの服装・料金・混雑状況

さらに、ツアーがいいか?個人旅行がいいか?

とかのガッツリ役立つ情報を、
室堂の積雪も3秒で溶ける程の勢いで、バンバン紹介していきます!(・∀・)

スポンサードリンク

 
 
んで、さらに!

今回、このアルペンルートシリーズは3部構成
前編・中編・後編として書いていきます!(今回は前編)

 
なんで別の記事では、「実際に行った旅行体験談」を、

「中編(富山・立山~室堂)」と、「後編(雄山登山~黒部ダム・扇沢)」として

超わかりやすく詳しく、写真付きで、モデルコースとして紹介していきます!

 
なんでもう、この体験談を読む分には、

スケジュールとか、
バッチリ参考にしてもらえると思います(*^_^*)

 
ただ、その前に!

立山黒部アルペンルートに行く前に

「ここは知っておきたいぜ!」

っていう、ポイントがあるんですね(・∀・)

 
まあ、

「そもそも、立山黒部アルペンルートってどんなモンなのか?」って事や、
「基本的な行き方・周り方」とかですね。

 
ここを知らないで行ってしまうと、

「よくわからずフラフラ周ってたら、あまりの寒さに凍り付き
気づくと、自分が雪の大谷と並ぶ観光名所になって、パンフレットの表紙を飾っていた!」

なんて事にも、なりかねません!

 
逆に、ここを知ってると

準備や対策もバッチリできて、
より効率的に周れる
し、旅行ももっと楽しくなりますよ(*゚▽゚*)

 
なんで、「服装」や「料金」や「混雑状況」と併せて
まずは、このポイントから知っていきましょう!

 

立山黒部アルペンルートの基本知識

 
したら、まずは
立山黒部アルペンルートの、「知っておきたい基本ポイント」
ズンズン紹介していきますね!

 
あなたの旅行を、より楽しく快適にする為にも

まずは
ここのポイントから、サクッと一緒にいきましょう(*^_^*)

スポンサードリンク

 
 

そもそも、立山黒部アルペンルートってどんなん?

 
まず、最初は
「そもそも、『立山黒部アルペンルート』ってどんなルートなんじゃ!?」

って感じも、やっぱありますかね?(^^ゞ

 
もうこの名前、

ネイティブスピーカーのマシンガン英会話のごとく
何を言ってるのかサッパリわからず
今すぐ、駅前留学に突入しそうになるネーミングですよね。

 
なんで、どんなモンかってのを
最初にズバ!っと、一言でいうと

「立山駅(富山)~扇沢駅(長野)まで、合計9個の駅を結ぶ、ルート」

の事です!

 
ただまあ、それでも

「??」って感じる部分もあるかと思うんで
下記の、公式サイト画像をさらにわかりやすく改造しました↓↓

 
ちなみに、赤い〇で囲んであるのが、駅名です。

 
なんとなく、イメージはつかめますかね?(*^_^*)

 
「立山」「扇沢」始発・終点
それぞれの駅の間を
バスやロープウェーなんかで、行き来する感じ!

 
んで、上記の駅の中でも、

「室堂」が一番高所にあって、
そこに「雪の大谷」なんかもあります(・∀・)

 
まあ、大体イメージがつかめると、
結構シンプルな内容ですよね。

 
んでもちろん
それぞれの駅で、おすすめの名所があるんで

それは、
別記事で、中編と後編の、「旅行の体験談」の方で、
バンバン紹介していきますね(*゚▽゚*)

スポンサードリンク

 
 

車で行く場合はどうする?

 
ちなみに、車で行く場合
アルペンルートの、
立山か扇沢、どっちかの始発駅に駐車して置いて行くしかないんですね。

 
ってのも、
アルペンルート自体は、公共交通機関でしか通れないんで

「自分の車で直接、黒部ダムや室堂に行きたいぜ!」

とかは、できないわけですね(´-`)

 
ただ、
スーパードライビングテクニックでダムをよじ登って侵入する!

とかは、試してみてもいいかもしれません。

 
なんでまあ、端から端まで行くコースの場合

「運転代行の会社に
帰りの為に、逆側の終点駅まで車を運んでもらう!」

って事ができるんですね(*^_^*)

 

運転代行っていくらくらいなの??

ちなみに、料金としては

普通の乗用車(定員7名まで)の場合、
立山~扇沢(逆も)の終点の間の移動で、3万円くらいです。

んでもっと大きい車だと、数千円単位で上がっていく感じ。

ちなみに、事前入金とかだと
5千円くらい安くなるんで、これは得!(・∀・)

 
んで、
「運転代行とか頼むのお金かかるし、アルペンルート往復して戻ってくるわ!」って場合

切符は5日間有効なんで
1泊して、翌日戻ってくるのとかも、全く問題ないです(但し乗り放題ではない)

 
ただ、どっちにしろ切符もこれまた高いんですがw

詳しくは、料金の章で後述しますね(;^_^A

 
まあ個人的には、途中で折り返すよりかは

立山から扇沢まで(その逆も)、
端から端まで行くルートがおすすめ
です!(・∀・)

スポンサードリンク

 
 

とりあえず、ここまでのまとめ

 
と、ここまで
「一番基本になる情報」をまとめてきました!

 
とりあえず、立山黒部アルペンルートの
イメージ
は何となくつかめましたかね??(*^_^*)

 
まあ、わかっちゃえばかなりシンプルですが

それぞれの場所(駅)の、見ときたいポイントなんかは

別記事で中編と後編の、「立山黒部アルペンルートの旅行体験談」
の方で、紹介していきますね!

 
んで、次の章からは

「混雑時期」、「服装」、「料金」、「ツアーがいいか?個人がいいか?」

など、自分で体験してわかった、より具体的な事を
バンバン紹介していきます!(*゚▽゚*)

 

混雑時期は?

 
ではまず、これまたハマると厄介な、
「混雑時期」に関してからいきましょう!

 
まあこれ、立山黒部アルペンルートが開通してる期間って

例年、「4月半ば~11月いっぱい」なんですね。

 
ちなみに冬季は、雪がハンパないんで休業です(^^ゞ

 

雪の大谷はいつまで見れるの?

で、このルートのメインの一つとも言える
室堂の「雪の大谷」が溶けずに残ってる期間

4月オープンから、6月下旬くらいまで

なんですね!

ただ、6月に入ると、
雪の大谷自体がかなり溶けて小さくなってるんで

5月中旬頃までが、一番見ごろではあります。

 
まあこう言われると、

「何とか、この雪の大谷が綺麗に見える時期に行きたいぜ!」

とか

「雪の大谷に、80リットルのイチゴシロップかけてかじりつきたいぜ!」

とか、やっぱ思いますよね??

 

一番避けたい時期

 
しかし、これは言うまでもないですが

雪の大谷も、かなり見ごろでもある
ゴールデンウィークは、もーう激混みになります(;´Д`A

 
駅間の移動の乗り物に乗るだけで、

整理券をもらって、
1・2時間待ち
とかも普通にありますからね。。

 
なんで個人的には、
ゴールデンウィークに行く事は

「待つ事や混雑が、一平ちゃんで作るラーメンライスよりも好き!」
って人以外は、おすすめしないです。

 
もしくは、シーフードヌードルでも可です。

 
ちなみに、最初の駅でチケット(切符)を買うだけでも
1時間くらい
かかる事もありますねヽ(;▽;)ノ

 
なんで、

ゴールデンウィーク前か、直後平日あたりに
なんとかスケジュールを詰め込んでいければ

雪の大谷もまだしっかり存在感がある大きさだし、ベストだと思います(*^_^*)

 

春の混雑目安

あと、ゴールデンウィーク以外でも
4月~5月の土日はやっぱ混雑するんで

目安としては、以下の様な感じ!

 4月~5月中旬 ⇒ 平日がおすすめ

 5月下旬~6月 ⇒ 週末でもそこまで激混みではない。
特に6月は快適。

 
ちなみに、
上記は、室堂駅のスタッフのおっちゃんに聞いたガチ情報です(*^_^*)

 
僕は6月下旬(週末)に行きましたが
実際、混雑のストレスを感じる事は、ほぼなかった
ですね!

 
ただまあ、前述したとおり

6月だと、雪の大谷は小さくなってきちゃうんで
そこのバランスは考える必要がありますが(;^_^A

 
まあ6月の場合、混んでないのはいいんですが
可能な限り、早めに行きたいところではありますね!

 

他にも、混むシーズンがある?

 
あと、これまたGWと同様に混むのが
お盆とか紅葉の季節ですね!

 
なんで、ここもGWと同様に
なるべく時期や週末をずらしていきたいところ(^^ゞ

 
ちなみに、紅葉が始まるシーズン
山の高い所が最初で、徐々に低い所に降りていくんですが

室堂とかは、紅葉がめっちゃ早いんですね!

 
って事で、始まるスケジュールを記載すると
下記の様な感じです↓↓

 

 室堂 ⇒ 9月中旬

 大観峰 ⇒ 9月下旬

 弥陀ヶ原 ⇒ 10月上旬

 黒部ダム付近 ⇒ 10月上旬~中旬

 美女平 ⇒ 10月下旬

 立山駅周辺 ⇒ 11月上旬

 
もうこれ、室堂なんか9月中旬に紅葉が始まるんで

慌てん坊のサンタクロースでも腰抜かして屋根から転げ落ちる程に
ハンパない早さですよね!

 
9月中旬なんて、
僕の場合まだバリバリで、1日3本ガリガリ君を食べてる時期ですからね。

 

気温と服装は?特に室堂に関して

 
で、次にこれまためっちゃ重要な
「服装・気温」に関してですね!

 
これ、特に室堂に関しての話なんですが
場所自体が、標高2400メートルくらいの高所なんですね(;´Д`A

 
なんで、初夏とかでも普通に涼しいんで

バスを降りた瞬間、
コンビニの冷蔵庫に迷いこんだのかと間違えるくらいの勢いです。

 
「そのまま佇んでたら、
アイスのガリガリ君そっくりになって、全国のローソンに出荷されるんじゃないか?」

って不安も当然芽生えます。

 
まあ、夏でも雪があるくらいなんで
当然っちゃ当然なんですが(^^ゞ

 
なんで、4月5月とかに
これを知らず、普通にTシャツに長袖シャツくらいの恰好でいくと、

室堂でバスを降りた瞬間、それこそ雪像になりかねませんw

 
ガリガリ君のお株を奪う程に、カッチカチになってしまいます。

 
ちなみに、全く関係ないですが7月25日は「ガリガリ君の日」です。

 
そうです、言いたかっただけです。

 
って事で、あなたが寒い思いをしなくて済む様に

「室堂の気温と、基準となる服装」

月ごとに、まとめておきますね↓↓(*^_^*)

 

 4~5月

特に4月は寒く、マイナス10℃になる事もあります。
5月はほぼ0℃を下回らなくなるものの、最高気温でも10℃くらい(;´Д`A

真冬と同じ格好で、歩いて暑くなった時脱げる様な服装が良いですね。

 6月

5℃~12、3℃くらい。
中旬までは、フリース的な保温性がある服や
ウィンドブレーカーなど、風を通さない服が活躍します!

ただ、後半に入ると結構気温が上がるので、
Tシャツに長袖シャツでいける日も増えてきますよ(・∀・)

 7~8月

10℃~18℃くらい。

Tシャツに長袖のシャツがあれば大体大丈夫ですが
さらに、上に羽織る物もあると安心!

 9月

6月と大体同じ。全体的に少しそれより暑いくらいですね。
当然下旬の方が寒くなり、6月上旬と類似する感じ。

 10~11月

4~5月と大体同じ。

特に11月は、4月と同じくらいか
それ以上に気温が上がらない
んで、これは注意((( ;゚Д゚)))

 
ちなみに、室堂以外の場所は、
ここまで寒くないものの

それでも、
標高1000m以上の場所が殆どなんで、気温はやや低めです!

 
なんで、
上記の表を参考に、上に羽織れる物を持っていきましょう(*^_^*)

 

立山黒部アルペンルートの料金は?どこで切符買うの?

 
切符は、「電鉄立山駅(富山側)」、「扇沢駅(長野側)」の、
どっちの始発駅からでも買えます。

 
あとは、富山側だと

立山黒部アルペンルートに向かう途中の
「電鉄富山駅」でも、あらかじめ買えますね(・∀・)

 
これ、混雑時期は立山駅の切符売り場も混むんで、
ここで先にゲットしちゃうのも、おすすめ。

 
ただし、これは注意点があるんですね(^^ゞ

 

電鉄富山駅で買う際の注意点は?

ってのも、電鉄富山駅で買えるのは、

6:50~11:30の間のみ、アルペンルート切符専用窓口があき
上記時間帯に、電鉄富山を出発する分で、且つ当日出発分の切符だけ

の販売なんで、これはチェックしておきましょう。

 
ちなみに、料金に関しては
ぶっちゃけ「結構高い」です(;´Д`A

 
まあ、僕の場合も
最初に窓口で値段を聞いた時は

窓口係のおばちゃんが
「オレオレ詐欺的」に、金を巻き上げようとしてるのかと思いましたからね。

 
新手の、「アルペンルートアルペンルート詐欺」みたいな感じかと思い、
富山県警に通報寸前でしたからね。割とマジで。

 
まあでもマジな話、

実際見れる景色の綺麗さとかはハンパないんで
旅行として行く分には、記念だし僕はそこまでは気にならなかったですね!

 
数人の野口英世さんとお別れになり
アルペンルートの間中、ずっと涙が止まらなったのは内緒ですが。

 

実際の切符の買い方

 
んで、切符売り場では

「どこの駅まで行くのか?往復するのか?ガリガリ君は好きなのか?」

とか、そんな事を聞かれるんですね。

 
んで、途中で折り返して戻ってくるプランとかで
往復をする場合は

「往復切符」を買うと、結構割安にはなるんで、
往復するなら、これは間違いなくゲットしときたいところ!

 
まあ、それでもまだ高いんですがw

 
って事で、料金を下記にまとめると↓↓

 片道切符の値段(※クリックで拡大します。)

出典:http://www.alpen-route.com/

 
 往復切符の値段(※クリックで拡大します。)

出典:http://www.alpen-route.com/

 
こんな感じ!(*゚▽゚*)

 
まあ、値段は安くはないですが

アルペンルートの景色の綺麗さを見たら、
金額の事は、頭から吹っ飛ぶ
かと思います!(*^_^*)

 
 
多分。

 

ツアーか個人か、どっちがいい?

 
んで、前述した混雑とも関係してくる事ですが

「ツアーか個人か?」って事に関しては

言っちゃうと、個人旅行が断然おすすめ!

 
ってのも、自分で行ってみて思いましたが

ハッキリ言って、全然複雑な事はなく
個人で行っても、何の問題もなくサクサク周れました
よ(*^_^*)

 

スケジュールを簡単に組むには?

まあ、時間のスケジュール感とかがわかりずらいかもですが

この記事で、中編と後編の、「立山黒部アルペンルート体験談」に、
僕がかかった実際の所要時間とか、駅間の移動時間も載せておきます!

なんで、それを見れば、
モデルコースとして、
ほぼバッチリ、スケジュール感も把握できると思います(・∀・)

 
まあツアーの場合で混雑時期なんかだと、人も多いんで

団体で一塊で待ったり並んだりするのも、
結構面倒だと思いますね(;^_^A

 
個人だと、乗り物待ちするにしても
整理券を持ってれば
あとは自分のペースで、好き勝手にウロウロしてればいいんで楽です。

 
まあ、外国と違い言葉も当然通じるし、

わからなければ聞けばいいだけなんで
何も難しい事はなかったですね(^^ゞ

 
ただまあ、
別の記事で、実際の写真つきの体験談を書いていくんで

もし、それ見て

「なんか面倒そう!(´-`)y-~~~」とか

「ガリガリ君食べたい!」とか

思った場合は、ツアーもいいかもですね(*^_^*)

 

中編に続きます!

 
と、ここで

これをさらに書き続けてたら、いったんもめんより長いページになり
いつの間にか「米寿」を突破してそうな勢いもあります。

 
なんで、続きの
「立山黒部アルペンルートの、写真と所要時間つき体験談」

まず、次の中編(富山・立山~室堂)として、別記事で書いていくんで、
是非、チェックしてみて下さい!(*^_^*)


スポンサードリンク








コメントを残す