【獣医師が監修執筆】ドッグフード獣医師おすすめランキング

 

 
ドッグフードって、一体どれがおすすめなの?

 
一口に、ドッグフードと言っても、
最近では、わんちゃん向けのフードがたくさんありますよね。

 
ただ、種類も多いうえに
品質にもかなりバラつきがある
というのが現状です。

 
「医食同源」という言葉の通り、
食事はわんちゃんの健康を維持していくうえで、極めて重要な役割を担います。

 
ですので、今回、

ドッグフードの獣医師おすすめランキングとして

栄養・原材料などを判断・分析した結果
獣医師が、犬の健康におすすめなものを、紹介していきます。

 
なお、ランキングで紹介する様な
良いドッグフードを選んでいく為には

「ドッグフードの正しい選び方」

というコツが、とても重要になってきます。

 
なので、
わんちゃんがずっと健康でい続けられる為にも、

まずは、この点から簡単に知っていきましょう。

 

健康に良いドッグフードの正しい選び方

 
では、わんちゃんにとって
健康を考慮したドッグフードとはどんなものでしょうか?

 
ポイントとして、
下記の様な事を、意識するのがおすすめです↓↓

 

 総合栄養食であること

 保存料、着色料が含まれていないこと

 原材料のバランスが良いこと

 
市販されているドッグフードには

「総合栄養食」「間食」「その他の目的食」

のいずれかに分類されています。

 
この中で、常食としてバランスよく栄養を含んでいるもの、

つまり、「主食」として、
普段から使い続けられるだけの栄養をバランスよく含んだフードを

「総合栄養食」と呼びます。

 
ドッグフードには、
原材料名を記載しなければいけない、ガイドラインがあります。

 
この中で、下記の2点に注目してみましょう。

 

原材料として、
含まれているものが多い順に記載しなければならないという点、

また、

特にタンパク源としての肉類に

「ミートミール」あるいは「副産物」というワードが
含まれていないかどうか

 
わんちゃんには、
わんちゃんにとって必要な栄養バランスがあるので、

これをドッグフードで、しっかり補給していきたいところ。

 
犬は、人間と比べると、
たんぱく質を多く必要とします。

 
その、「たんぱく質の元となる原材料が十分にあるか?」は、
肉類が上位に記載されているか否か、でチェックできるんですね。

 

ドッグフードの成分で避けたい表記は?

また、その肉類について、

「ミートミール」「副産物」と表記されているものは、

食用肉を取り出す際に生じた、
いわば本来、食用として供さない部分をさすことが多くあります。

 
ドッグフード自体が
われわれ人間も安心して食べることのできる食材であればこそ、

犬の健康な筋肉や皮膚、
被毛を維持することができるものです。

 
なので、

上記の樣な成分表記があるドッグフードは
犬の健康を考えると、できれば避けた方が良い
ですね。

 

最近よく聞く、「グレインフリー」って?

 
また、最近

「グレインフリー」という言葉をよく耳にします。

グレインフリーとは、穀物類を使用していないことですね。

 
わんちゃんは、人間に比べ穀物を消化しにくいのですが、

穀物は、肉類に比べコストが安く、
フードのかさ増しとして使用しやすい

という現状はあるんですね。

 
そういったコスト面の理由から、

通常の要求量よりも、
穀物を多めに添加しているドッグフード
も多いです。

 

穀物が多いドッグフードには注意

この結果、
こうしたドッグフードをずっと食べ続けていると

犬が、肥満穀物アレルギーなどを、生じやすくなるんですね。

さらに、保存料や着色料は
人間の食材でも、健康に影響を及ぼす
ことはよく知られているとおりです。

 
従いまして、賞味期間が非常に長いドッグフードも
要注意
と言えるでしょう。

 
これらの条件を、
高いレベルでクリアしているドッグフードというのは、

原材料コストや製造工程の手間などを考えると
どうしても、ある程度の価格になってしまいます。

 
逆を言うと、
安いフードには、安いなりの理由があるということにもなりますね。

 

ドッグフードの獣医師おすすめランキング

 
さて、では、前述のことを踏まえまして、

これから、おすすめのドッグフードについて、
ランキングでご紹介していきます。

 
ちなみに、前述の「ドッグフードの正しい選び方」
の内容はかなり大事なので、

それを踏まえた上で、それぞれを紹介していきます。

 

モグワンドッグフード【Pick up】

出典:https://www.mogwandogfood.co.jp

値段:税抜3,960円 (1.8kg)

 
この、モグワンドッグフードは
増田先生のランキング内容外ですが、

獣医師であり、
動物医療グリーフケアアドバイザーの、阿部美奈子先生も、

獣医学雑誌で、おすすめしている
信頼度の高い、優良ドッグフードですね。

 
犬の体質に合わせて、

「高タンパク・低炭水化物」

の割合にこだわって、作られたドッグフードです。

 
というのも、前述しましたが

犬の場合、元々肉食動物な事もあり
人間よりも、タンパク質が多く必要
なんですね。

 
逆に、炭水化物などは

あまり多いと犬の本来の体質に合わず
健康のトラブルの元
にもなり得ます。

 
ただ、タンパク質ならなんでも良いというわけでなく

豆腐や大豆などの植物性のタンパク質だと
犬にとっては消化しにくい為、

逆効果になってしまいます。

 

動物性タンパク質の、質と量にこだわったドッグフード

そこで、犬に特に必要なのが

肉や魚などの動物性タンパク質なのですが

このモグワンドッグフードは、
この「肉や魚」の品質や量に、特にこだわったドッグフードになっています。

 
ただ、
動物性タンパク質なら何でも多く摂ればいい、というわけではなく

そればかりを、むやみに摂取しすぎても
逆に犬の体調が悪くなることもあり得ます。

 
そこで、

「高品質の動物性タンパク質」

「犬にとって適切なバランス」

配合しているのが、このモグワンドッグフードですね。

 
内容としては、タンパク質自体は

チキンとサーモンをメインで配合していて

「動物性タンパク質の配合率は、56%」と、

今回紹介する、ドッグフードランキングの記事の中でも、
かなり多い割合になっていますね。

 
また、

グレインフリーであること」

も最大の特徴です。

 
グレインフリーとは、
犬の体質・健康に合わせる結果、

「穀物を使用していない」、という事でしたね。

 

シニアのわんちゃんにもおすすめ

これらによって、犬には消化にも優しく
特にシニアのわんちゃんなどには、嬉しい成分です。

体作りに必要なアミノ酸なども豊富な為、
年齢を重ねてきた犬にも、安心でおすすめなドッグフード。

 
粒が小さいので、
小型犬にも、食べやすいサイズです。

 
総合的に、

わんちゃんにとって、理想的なバランスで、
栄養をしっかり補給できる
、おすすめなドッグフードですね。

 
試食会の結果、

97.8%わんちゃんが食べ
93.3%が、継続したい、と回答した、との事で

きちんと食べさせる為に、
味もおいしく工夫している、ドッグフードです。

 

 
 

カナガンドッグフード

出典:https://www.canagandogfood.co.jp/

総合評価・おすすめ度:

値段:税抜3,960円 (2kg)

 
獣医師がおすすめするドッグフードランキングで1位
「カナガンドッグフード」です。

 
このドッグフードは、

こうめ動物病院の院長である、
獣医師の、澤柳 千 先生

もおすすめしている、信頼度がとても高いドッグフードですね。

 
このカナガンドッグフードは、

「人間でも食べられる、高品質かつ新鮮な食材」

を使っている事がポイント。

 
安価で、品質が良いとは言えないドッグフードでは
この「人間でも食べられる」という品質はまず不可能なので

犬の健康を考えると、
毎日食べる物なので、ここは大きいですね。

 
また、このドッグフードも

「グレインフリー」である事も、おすすめなポイント。

 
というのも、犬は元々、

とうもろこし・小麦などの穀物類を消化しにくく

上記の様な穀物を食べると、内臓や皮膚に悪影響が出たりなど、
良くない事も起こり得るんですね。

 
このカナガンドッグフードの場合も、
グレインフリーであることに加え、

「高タンパク・低炭水化物」

という、犬にとって、
理想的な栄養の配合バランス
になっているのが特徴です。

 

ヨーロッパの厳しいドッグフード安全基準をクリア

さらに、徹底した安全面へのこだわりとして
このカナガンドッグフードは、

FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)

の、厳しい基準をクリアしています。

 
基本的に、ペットフードの品質などにおいては

日本より欧米の方が、
かなり厳しくてレベルが高い
のが現状です。

 
その、ヨーロッパの機関の審査において、
厳しい基準をクリア
している、

という事で、
これはドッグフードの品質として、安心できるポイントですね。

 
粒の大きさも比較的小さいので、
日本で多く見られる、小型犬でも食べやすいのではないでしょうか。

 
マリーゴールドやクランベリーなどなど、
天然成分で、免疫力や尿路の健康に寄与するものが含まれる点も特筆できます。

 
「全犬種・全ライフステージ用」

という事で、

犬種・年齢にこだわらず与える事ができるのも
複数のわんちゃんを飼っている場合も、便利で安心です。

 

 
 

アランズナチュラルドッグフード

出典:https://www.naturaldogfood.co.jp/

総合評価・おすすめ度:

値段:税抜3,960円 (2kg)

 
こちらの、アランズナチュラルのドッグフードは、
ラム肉ベースで、食品添加物を一切含まないというところが特徴となっています。

 
また、これも55%がラム肉、という事で

動物性タンパク質の割合が高く
おすすめなドッグフードです。

 
グレインフリーではありませんが、
極力穀物アレルギーへの配慮はされていて

栄養バランスも整っていますね。

 
このフードも粒は小さめなので
小型犬でも安心して食べられます。

 
全体的にバランスの良いフードの一つですね。

 

ネルソンズドッグフード

出典:https://www.nelsonsdogfood.jp/

総合評価・おすすめ度:

値段:税抜3,960円 (2kg)

 
こちらの、ネルソンズのドッグフード
グレインフリー、添加物不使用を特徴としています。

 
また、関節保護として
「グルコサミン」や「コンドロイチン」を加えています。

 
運動量が多い、
大型犬など
には適しているかもしれませんね。

 
ドッグフードの成分としては
主にチキンで作られており、

48%程がこのチキンによる動物性タンパク質なので

比較的、高タンパクなドッグフードです。

 
ただ、犬種は全犬種OKなのですが

推奨年齢が、7か月~7歳までとなっていますので、
シニアになった際には、フードの再検討をしてみるとよいかと思います。

 
ただ、食材や栄養素性を見る限り
シニア犬が食べて、健康を害するというものではないと思います。

 

オリジン オリジナル

出典:http://www.acanafamilyjapan.jp/

総合評価・おすすめ度:

値段:
税抜1,300円 (340g)
税抜6,000円 (2kg)
税抜14,500円 (5.9kg)
税抜21,000円 (11.3kg)

 
このオリジンドッグフードは、
カナダ産のプレミアムフードとして有名で、

グレインフリー低炭水化物といった、
犬本来の植生に近づけることを最優先に考慮したフードと言われます。

 
また、他のドッグフードとの大きな差として、
ライフステージに合わせて、商品展開がなされていますね。

 
一番の特徴は、

動物性タンパク質(肉)の含有率が非常に高く良質で、
原材料に対する強いこだわりが感じられます。

 
ただ、価格にそれが反映されていて
このランキングで紹介する、他のドッグフードの2倍近い値段なので、

予算によって続けるのが難しい、など、
コスパ的な面ではちょっとハードルが高い印象があります。

 
子犬から高齢犬まで、
全ライフステージに対応
したドッグフードです。

 

ファインペッツ

出典:http://www.finepets.jp/

総合評価・おすすめ度:

値段:税抜3,394円(1.5kg) (初回1,000円)

 
この、ファインペッツのドッグフードは
鹿、鶏、鮭を原材料としています。

 
普段口にする機会の少ない食材を主原料に置くことで
アレルギーに対する配慮をしているといえます。

 
また、「人間が食べる事ができる」グレードの
原材料を使用し、肉類の割合がとても高く、おすすめできるドッグフードです。

 
グレインフリーではありませんが、
燕麦がメインとなっています。

 
粒の大きさが選べますので、
わんちゃんの体格に合わせて選ぶことができる、というのは

ナチュラルドッグフードの中では比較的少数派です。

 
大型犬にはうれしいかもしれませんね。

 

まとめ

 
といった形で、

獣医師がおすすめするドッグフードランキングとして

それぞれ紹介してきました。

 
わんちゃんの為に、気になるドッグフードは見つかりましたか?

 
なお、注意点としてですが、

病気療養中で食事療法が必要とされる場合は、
必ず、獣医師に話を聞いて、それに基づいた食事を与えてください。

 
また、良質なドッグフードであっても
わんちゃんにより、何らかの影響が出るケースはありますので

その際も、なるべく早く獣医師にご相談ください。

 
上記の事を踏まえた上で、
わんちゃんにピッタリのドッグフードが、見つかれば幸いです。

 
監修・執筆獣医師プロフィール

 


スポンサードリンク



コメントを残す