【獣医師が監修執筆】キャットフード獣医師おすすめランキング

Sponsored Link

 

 
キャットフードって、どれがおすすめ?

 
最近は、猫ちゃん向けの食事・キャットフード
たくさんありますよね。

 
ただ、種類も多いうえに
品質にも、かなりバラつきがあるのが現状です。

 
「医食同源」という言葉の通り、

キャットフードは、猫ちゃんの健康を維持していくうえで
極めて重要な役割を担います。

 
では、猫ちゃんにとって
健康を考慮したキャットフードとはどんなものでしょうか?

 
その様な事は、やはり悩むところだと思います。

 
そこで、今回は、

キャットフードの獣医師おすすめランキングとして

おすすめなものを、ランキング形式で紹介していきます。

 
ただ、その様な良いキャットフードを選ぶ為には

まず知っておきたい、
「選び方のコツ・基準」があります。

 
これを知っておけば、
今回紹介するキャットフード以外の物だとしても

大切な猫ちゃんの為に、健康に良い食事を与えていけます。

 
ですので、

いつまでも猫ちゃんが健康で、ずっと一緒にいられる為にも、

まずは、
この「キャットフードの選び方」から、知っていきましょう。

 

健康に良いキャットフードの選び方

 
まずこれは、キャットフードだけでなく
ドッグフードなどにも共通しますが、

以下の3点が、基本となります。

 

 「総合栄養食」であること

 保存料、着色料が含まれていないこと

 原材料のバランスが良いこと

 
ちなみに、

「総合栄養食」とは、おやつ的なものではなく、
猫ちゃんにとっての、「主食」になるキャットフード、という事ですね。

 
そして、上記に加えて、

猫ちゃんの場合は、わんちゃん以上に肉(および魚)食となりますので、
きちんとした栄養バランスが求められます。

 
なので、

動物性タンパク質の割合が多いキャットフード
を選ぶ必要がある、という事ですね。

 
肉食傾向が強いですので

その主な栄養源となるべき、
肉や魚の質には、特にこだわっておきたいところです。

 
そして、キャットフードに限らずペットフードには

原材料の成分名を、多い順番にパッケージに記載しなければいけない、

という決まりがあります。

 
これを踏まえ、以下の事に注意していきましょう↓↓

 

避けた方が良い原材料は?

原材料の肉類に

「ミートミール」あるいは「副産物」というワードが含まれていないかどうか、
に注目してみましょう。

これら記載してある物は、できれば避けたいキャットフードです。

ミートミールや副産物と表記されるものは、

食用肉を取り出す際に生じた、
いわば本来、食用として供さない部分をさすことが多いです。

 
上記の様な原材料は

安価なキャットフードなどに記載されている事が多いですが

やはり、人間が食ベても大丈夫、という様な基準の物ではないです。

 
しかし、

われわれ人間でも、安心して食べる事ができる基準の食材を使った、
本当におすすめできるキャットフード

最近は結構出てきています。

 
そういった、人間が食べても大丈夫なくらい、
しっかりとした基準の食材であればこそ、

猫の健康な筋肉や皮膚、被毛を維持することができるのです。

 
また、猫ちゃんはわんちゃんよりも肉食傾向が強いため、

逆に、炭水化物、特に穀物に対する
消化吸収能力が弱い
ということも特徴の一つです。

 

猫には、「グレインフリー」のキャットフードがおすすめ

 
ここで注目したいのが、

そのキャットフードが、

「グレインフリー」かどうか?

という事ですね。

 
「グレインフリー」とは、
穀物類を使用していない、という事です。

 
グレインフリーのキャットフードを与えることは、

猫ちゃんの消化を助けるだけでなく、

過剰に摂取しがちな炭水化物を適正化することで

肥満や、穀物アレルギーなどの対策にもつながる場合があります。

 
なので、キャットフードを選ぶ基準として

「グレインフリー」という事も、意識していく事がおすすめです。

 

尿路のケアや添加物の有無もチェック

 
一方で、猫ちゃんに多い代表的な病気として、
尿路に関連したものが挙げられます。

 
フードに含まれる

ミネラルのバランスがきちんと考慮されているもの」

健全な排尿をサポートする食材が含まれていること」

も重要なポイントです。

 
ただし、猫ちゃんの尿路の健康は、
食事だけでなく、適正な生活環境など整える必要があります。

 
さらに、保存料着色料については
人間の食べ物でも、健康に良くはない事でおなじみのとおりなので、

「健康に影響を及ぼしかねないもの」
が添加されているフードは、食べさせないことが望まれます。

 
これらの条件を、
高いレベルにおいてクリアしているキャットフードというのは、

原材料のコストや、製造の手間などを考えると、
本当に良質な分、価格はあまり安くはできない事が殆どです。

 
逆を言うと、
安いキャットフードには、やはり安いなりの理由があるといえるので

あまり、おすすめはできない物も多いです。

 

キャットフードの獣医師おすすめランキング

 
では、前述のことを踏まえまして、

これから、キャットフードのおすすめランキングについて
ご紹介してまいりましょう。

 
ちなみに、ランキングでもその内容に触れていきますが

前の章で前述してきたのは、
猫の健康にとって、かなり大事な事
なので

忘れそうになったら、時間がある時にでも読み返してみてくださいね。

 
そうすれば、
キャットフード選びで迷ったりする事は、かなり減ると思います。

 
では、いきましょう。

 

【Pick up】モグニャン

出典:https://www.mognyancatfood.co.jp/

値段:3,960円(1.5kg)

 
この後、ランキング1位のキャットフードからが、
この記事監修・執筆の獣医師の増田先生が選ぶランキングです。

 
この「モグニャン」のキャットフードは
増田先生のランキングでは選定しておりませんでしたが、

編集記載のPick up番外編となります。

 
この「モグニャン」のキャットフードは、

こうめ動物病院の院長である、
獣医師の、澤柳 千 先生や、

その他、88%の獣医師さんおすすめしており

原材料などの面でも、
優良なキャットフードなので、紹介しておきますね。

 
成分内容としては、

白味魚をメインとした原材料
動物性タンパク質の割合が63%と、

ランキング上位のもの程ではないですが
中々割合が高く、猫には嬉しい成分です。

 
さらに、このモグニャンは
品質へのこだわりとして、

「FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)」

の、厳しい審査をクリアしているキャットフードでもありますね。

 
人口添加物や香料などは一切使用していないのも、
おすすめポイントです。

 

全年齢の猫に対応

子猫(赤ちゃん)からシニア猫まで

全ての年齢に対応しているのも、
複数の猫を飼っている場合でも、便利で安心です。

 
ただ、そういった内容で
成分も、品質管理もハイレベルなキャットフードなのですが

口コミでは、

「うちの猫には合わず食べなかった」

「フードのせいかはわからないが尿路結石など体調が悪くなった」

というケースも見られます。

 
尿路結石のケアをしている成分配合ではありますが

それでも、やはり体調の事なので
フードとの相性も含めそういった事も起こり得る、という事ですね。

 
なので、その辺はよく検討をしてみて

猫にもし合わない様であれば、
別の物に変更する事を、すぐに検討していくのが良いと思います。

 

 
 
 

ジャガー

出典:https://www.jaguarcatfood.jp/

総合評価・おすすめ度:

値段:税抜4,280円(1.5kg)

 
キャットフードの獣医師おすすめランキングで1位は、
「ジャガー」です。

 
まず、このキャットフードの成分としては

チキン・鴨・サーモン・マス

などの、
肉(魚)食である猫にとって一番必要な「動物性タンパク質」

が、メインとしてたくさん配合されています。

 
ちなみに、その動物性タンパク質の割合

全体の80%以上と、このランキングの中でも
トップクラスに多い
配合の、キャットフードです。

 
しかも、
「グレインフリー」という事も嬉しいですね。

 
これはおすすめな特徴です。

 
「グレインフリー」というのは、
猫が消化するのが苦手な、「穀物」が入っていないという事でしたよね。

 
これらの、

「動物性タンパク質が多い」

「穀物が含まれていない(グレインフリー)」

という事で、
肉食である猫の体質をしっかり考慮した、栄養バランスになっています。

 

人間でも食べられる、ヒューマングレードなのもおすすめ

また、素材が
「ヒューマングレード」という事で

前述した、

「人間でも食べられる基準の素材」

を使っているのも、信頼できるポイント。

 
当然、素材本来のおいしさが味わえるので
「栄養バランス」と「おいしさ」の、両立がされていますね。

 
さらに、他のキャットフードでは中々ない、
オンリーワンで、おすすめ・特筆すべきなのは、

薬膳の食材として知られている、
「朝鮮人参」が含まれている点でしょう。

 
朝鮮人参は

「血行促進」、「疲労回復」、「滋養強壮」に効果があります。

 
栄養学的にも薬膳的にも
「健康を期待できるキャットフード」と、考えられますね。

 
これらをまとめると↓↓

 原材料が人間でも食べられる「ヒューマングレード」

 動物性タンパク質(肉魚)が、肉食である猫に嬉しく
80%以上も含まれている(ランキングでトップクラス)

 グレインフリー(猫が消化苦手な、穀物不使用)である

 朝鮮人参などの薬膳も使用して健康をケアしている

 
これらの点から、
総合的に、キャットフードのおすすめランキング1位に選出しました。

 
これだけの成分の、良質なキャットフードなので

その分、値段は少ししますが
猫ちゃんの健康を考えるなら、おすすめなキャットフードです。

 

 
 
 

オリジン(キャット&キティ)

出典:http://www.orijen.net/

総合評価・おすすめ度:

値段:
税抜1,350円(340g)
税抜6,300円(1.8kg)
税抜15,000円(5.45kg)

 
この、オリジンのキャットフードも、
動物性タンパク質の含有量が80%と、非常に高いのが特徴です。

 
内容としては、
放し飼いのチキン、放し飼いの七面鳥、天然サーモン、

などの肉魚をメインに

卵、果物・野菜、なども配合されています。

 
この、「放し飼い」「天然」の動物素材にこだわる理由として

猫は、本来獲得した肉を食べる動物なので

極力、その形に近づける事で
猫本来の食事に近づき健康につながる、との考えの様です。

 
高タンパク質、低炭水化物という事で
猫には理想的なバランスの、キャットフードになっています。

「グレインフリー」にも対応しており、
血糖値が急上昇しにくい炭水化物を選択しているのも、嬉しいですね。

 
「カナダの最高級キャットフード」
を自負しているだけのことはあります。

 
1袋の量も、3種類から選べるので
そういった点で便利でもあり、おすすめです。

 
ただ、食材に一切の妥協がない分、

お値段も、このランキングの中でダントツにお高めなので
コスパ的な面では、続けるのが簡単ではないかもしれません。

 

カナガン

出典:https://www.canagancatfood.co.jp/

総合評価・おすすめ度:

値段:
税抜3,960円(1.5kg)

 
キャットフードの獣医師おすすめランキンングで
3位は、同率
になります。

 
このカナガンのキャットフードは、

こうめ動物病院の院長である、
獣医師の、澤柳 千 先生が、おすすめしていて

信頼感が高いキャットフードです。

 

ヨーロッパの審査機関の、厳しい品質審査をクリア

さらに、このカナガンは
品質へのこだわりとして、

「FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)」

の、厳しい審査をクリアしているキャットフードですね。

 
一般的に、キャットフードに限らず

ペットフードの品質などの審査基準
日本よりも、欧米の方が厳しくレベルが高いです。

 
欧米は、動物愛護先進国とも言われているくらいですからね。

 
なので、
その、ヨーロッパでの審査基準をクリアしているという事で

信頼感も高いキャットフードですね。

 
成分内容としては、

放し飼いのチキンを主原料としていて
動物性原材料(動物性タンパク質)を、70%以上と、高配合しています。

 
このキャットフードも、
平飼いチキンを使用していますが

やはり、猫にとって理想的なタンパク質である為、という配慮が伺えますね

 

猫の健康に重要な点も、完璧なキャットフード

 
また、素材としては
このカナガンキャットフードも、

「ヒューマングレード」であり
人間でも食べられるレベルの素材、という点もおすすめポイントです。

 
また、これも
「グレインフリー」で、猫ちゃんが消化が苦手な穀物は入っていません。

 
さらに、クランベリーが入っていることで、

猫ちゃんが患いやすい、
「尿路のトラブル」に考慮しているところも評価できます。

 
炭水化物としてサツマイモを使用し、
一気に血糖値が上がらないような工夫もされていて

とてもレベルの高い、健康的なキャットフードです。

 
さらに、栄養素だけでなく、

「味のおいしさ(統計で100%の猫が食べた)」

と、猫ちゃんにとって
味も栄養も、バランスの良い配合となっています。

 
全ての年齢の猫ちゃんに与えられる、

「全ライフステージ対応」なので
複数の猫ちゃんを飼っている場合、特に便利でおすすめですね。

 

 
 
 

シンプリー

出典:https://www.symplycatfood.jp/cart

総合評価・おすすめ度:

値段:
税抜3,960円(1.5kg)

 
このシンプリーのキャットフードも
このランキングで、同率3位
です。

 
これは、同率3位のカナガンと
方向性的にはかなり近いキャットフードですね。

 
具体的には、以下の様な感じです↓↓

 

 「動物性タンパク質が、73%と高配合」

 「グレインフリー」

 「FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)の厳しい品質審査クリア」

 「ヒューマングレード」

 「クランベリーに含まれる成分で、尿路をサポート」

 「全ライフステージ(年齢)対応」

 「味のおいしさ(猫の食いつき率100%)」

 
と、いう事で、
ほぼカナガンと似ているのですが、

決定的な違いが

「メインの動物性タンパク質が、サーモン・ニシン・マスなどの魚」

である事ですね。

 
まあこれは、日本の猫ちゃん好みかもしれませんね。

 
サーモンの風味が、猫ちゃんの食欲を刺激するのでしょう。

 
ちなみに、カナガンキャットフードの場合は、
チキンが主原料
でしたね。

 
なので、これら2つがきになる場合は、

「猫ちゃんが、魚派か肉派か」

という、食の好みの基準で、

シンプリーかカナガンか、を選んでも良いかと思います。

 
ただ、こちらのシンプリーの方は
動物栄養学者の方と、共同開発したキャットフードになっています。

 
ちなみに、このシンプリーも

こうめ動物病院の
澤柳 千 先生(獣医師)
の、おすすめのキャットフードなので

信頼感が高いものですね。

 

 
 
 

ファインペッツ

出典:https://www.finepets.jp/

総合評価・おすすめ度:

値段:
税抜3,704円(1.5kg) (初回1000円)

 
このファインペッツは、

動物性タンパク質の割合が85%と非常に高く
猫の消化吸収ケアに優れた、キャットフードですね。

 
素材がヒューマングレードであるのも、おすすめできるポイントです。

 
また、アレルギーを起こしにくい材料として
原材料に、アヒルやニシンを選択している点が特徴ですね。

 
ただ、全粒米が含まれていて
グレインフリーとはいえませんが、

酸化防止剤や、残留農薬が含まれたものは使用していない
などの、猫ちゃんの健康を考慮したこだわりが感じられます。

 
また、2回目以降は、平均的な価格になりますが、

今回ランキングにノミネートされた5銘柄の中で

初回の値段は、
かなりお安い値段になってますね。

 

まとめ

 
以上のキャットフードは品質の高いフードのため、
評価も甲乙つけがたかったのが正直なところです。

 
厳しめのジャッジですが、それぞれレベルの高い僅差とお考え下さい。

 
といった形で、

獣医師おすすめのキャットフードランキングとして

それぞれ紹介してきました。

 
猫ちゃんの為に、気になるキャットフードは見つかりましたか?

 
なお、

病気療養中など、食事療法が必要な場合は、
必ず、獣医師に話を聞いて、それに基づいたフードを与えてください。

 
また、良質なキャットフードであっても
猫ちゃんの個体差も含め、何らかの影響がある事もあり得ますので

その際も、なるべく早く獣医師にご相談ください。

 
上記の事を踏まえた上で、
猫ちゃんにピッタリのキャットフードが、見つかれば幸いです。

 
監修・執筆獣医師プロフィール

 

スポンサードリンク



▽おすすめの記事▽